トップ

日本での医師がする安楽死は 

先日、アメリカでの医師のもとでの安楽死があり世界中で反響が大きくありました。この件に関する賛否は両論ですがそれが自分ならどう考えるかは違う問題です。仮に、余命宣告をされている場合、最後まで頑張るのが人間としての生き方と捉える人が多いようです。確かに、現在の日本では医師が関与する安楽死を認められていません。仮に、それを行うと殺人として扱われます。人間の生きる意味は、やはり死を迎えるときまで生き抜くことだとしているのでしょう。安楽死には、さまざまな意見があり、意見が分かれることは当然かもしれませんが、残される家族と本人の意志が最も優先されるべきでしょう。日本において、許されているのは、今のところ尊厳死までです。

2種類に分かれる人工栄養 

人工栄養というと、生まれた時の粉ミルクを思い出す方も多いのではないでしょうか。また、病人が口から栄養を取れない時に使用する栄養物として、点滴や注射などで、体内に栄養を入れるものも、同じように呼ばれます。医師と関係するのは、2種類のケースがあります。母乳に拘わっていない場合と、病気でそれ意外の選択肢がない場合です。前者の中には母乳を推進している病院ではない場合、いきなり新生児に粉ミルクの人工栄養を与える場合も含みます。後者はこのまま栄養がなければ行きていられない場合はもちろん、医師の判断によって人工栄養が与えられる場合です。

医師,救急